特集!和装の前撮り厳選6社

トップページ > 和装での前撮りについて > 和装の前撮りに関する基礎的知識

和装の前撮りに関する基礎的知識

結婚式の日についてはゲストとの写真撮影が中心となり、素晴らしい衣裳を着用してもそう簡単にはゆっくりと撮影していただく時間が無いといえます。
当日においてゲストが撮影する写真ではカメラ目線とは言えない写真や2人の顔の表情が冴えない写真ばかりということもあります。
そのあたり、前撮りにおいては希望している衣装を着用して魅力がある姿で落ち着いて完璧に撮影することができます。
それに加えて式当日の様な慌しさはないことから、ファミリーともあせらずに撮影したい方に最適です。
さらに、前撮りでシャッターを切った写真は、ウェルカムボードやウェルカムスペースに装飾する写真、ムービーなどにも活用することができます。
和装の前撮り写真についてはアイディアによって結婚式でも多種多様なタイミングに応用できるアイテムと言えるでしょう。


前撮りにおいて着る衣装は、式で着られない衣装を着たいという方と、ヘアメイクリハーサル並びに衣装合わせと兼ねて式当日と一緒の衣装を着用したい方に分かれます。
前者に関しまして、式当日はウェディングドレスの後ドレスでお色直しを考慮しているので、前撮りに関しては和装の状態で写真におさめたいと希望している理由から、和装が非常に多く選ばれます。
他の和装を選択した理由として、親が望んだ和装は式当日のレンタル料金が高く、前撮りで残しておいてというカップルもいます。
それに加えて女性の方より男性の人が和装に好意を持っているという傾向もあります。
男性の衣装に関してはバリエーションが多くないことから、タキシードより和装姿にニーズがあると考えられます。
以上の理由で普段着れない和装を前撮りで残している人が多いです。


ロケーション撮影のケースでは、屋外撮影となるので、気にかかるのが前撮りにふさわしい時期がいつかということでしょう。
メイクが崩れ易い夏や、冷え込んで撮影どころではない冬を回避してタイミングを選択するカップルが多いです。
実際のところ気象状況が良く、写真映えする時期が選定されやすく、桜並びに新緑、紅葉のタイミングなどに人気が集まっています。
しかしながらこうした人気を博している時期は、直前で予約出来ないことがよくあります。
その結果春先並びに秋の人気になっているシーズンにロケーション撮影を考える場合、できるだけ早いうちに予約した方が着実に撮影可能でしょう。
さらに、ロケーション撮影においては、撮影する場所として歴史のある町を選択するカップルが最も多いです。
こうした町では、和装にフィットした寺院や街並みがたくさん存在します。

ページトップへ