おすすめの中古パソコンの選び方

新品のパソコンであれば保証がついている、マニュアルが揃っているなど、最低限の品質は確実に確保されますが、中古の場合、品質はバラバラです。中にはハードディスクが抜かれている、OSがインストールされていないなど、購入者が対応しないと動作させられないものもあります。ただ、中には新品と遜色ない状態のものも少なくなく、購入するのであればそういったものを選びたいものです。新品の品質に近いものが中古市場に出る理由としては、たとえば、会社などで大事に使われていたリース品が、リース期間終了に伴い、一気に放出された、あるいはなんらかの理由で長らく倉庫に眠っていた新品が発見され、中古として放出されたといったものが挙げられます。では、優れた品質のUSED品を見極めるためにはどういった部分をチェックすればいいのでしょうか。

発売されたのが最近で付属品も揃っているなら良品の可能性が高い

まず、付属品の有無をチェックしてみましょう。パソコンの付属品として挙げられるのは、マニュアル、再セットアップ用のディスクなどです。付属品がすべて揃っている商品の場合、オーナーが大事に使っていた可能性が高く、その場合は状態がいいです。次に新品として販売されたのはいつなのかを確認しましょう。発売から間もない商品ほど、スペックは高いですし、OSも新しいです。発売されたのが5年以上前だと、OSのサポート期間があまり残っていなかったり、あるいは切れていることが考えられます。サポート期間が切れていると脆弱性が見つかっても解消用のプログラムが配布されないので、コンピューターウイルスに非常に感染しやすくなってしまいます。また、低スペックのパソコンだと、最新のOSやソフトの動作が重く、実用に耐えられないこともあるので、新しい方がおすすめなのです。

保証はできるだけあった方がいい

保証の有無も中古商品を選ぶのに重要なポイントです。やはり、保証があった方がおすすめです。というのは、USEDのPCの場合、販売主の手元にあった時点では問題なく動作していたのに、そこから配送されて購入者の手元に届いた時点で壊れていたということも十分考えられるからです。動作品を購入したいのであれば、ジャンク品はすべておすすめできません。というのは、ジャンクというのは基本的に壊れているものだからです。ただ、ネットオークションで出品されるジャンク品の場合、電源コードなどのパーツがなく、動作確認ができないだけで、足りないパーツを確保すれば動作するものもあります。そういった商品は普通のUSED品と比べて安く購入できるので、予算が少ない人にはおすすめです。